×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

裁判員制度【さいばんいんせいど】とは?【仕事内容・日当・辞退・選出方法・注意点】

裁判員制度【さいばんいんせいど】の疑問・日当・辞退・選出方法等について調べています。

裁判員制度【さいばんいんせいど】とは?

スポンサードリンク

裁判員制度【さいばんいんせいど】とはどんな制度?

「裁判員制度」【さいばんいんせいど】とは?へようこそ。この【「裁判員制度」とは?】というホームページは「裁判員制度」という新しい制度に自分が参加する可能性を考えたとき、いざ「裁判員」に選ばれたときにあわてないために「裁判員制度」【さいばんいんせいど】の情報を蓄積する意味も含めて作成しました。
「裁判員制度」【さいばんいんせいど】という言葉には硬いイメージがありますが私たちにも関係のある制度です。一緒に学びましょう!

そもそも「裁判員制度」【さいばんいんせいど】ってどんな制度なのでしょう?
「裁判」と聞くと、一般の人は無関係だと思う思うかもしれません。しかし、現在では犯罪も欧米並みに凶悪化、低年齢化し、件数も増加傾向にあります。

これまで行われてきた裁判は裁判官、検察官、弁護人の法律の専門家のみにより、丁寧で慎重に検討が行われてきました。その結果、法律に照らし合わせ、専門性を重視する
あまり、審理の長期間化や、判決の内容・理由などが理解しにくいものであったことで、国民にとっては近寄りがたい印象を与えているかもしれません。

最近「裁判員制度」【さいばんいんせいど】の参加意思などを調べるため、国民を対象にしたアンケートでは、約6割の人が「裁判員をやりたくない」と答えています。
この6割の人達が「裁判員をやりたくない」と言っている理由は、裁判員制度の事をきちんと理解した上での発言ではないと思います。
裁判というものに関して疎遠であるがゆえに、その知識もなく、結果、「何となくいやだ。」という感情を抱いてしまっているのではないでしょうか。

そこで「裁判員制度」【さいばんいんせいど】の導入により、裁判手続き自体を国民の身近なものにして、市民感情が反映されることによって、司法への信頼が向上する事が期待されています。

「裁判員制度」【さいばんいんせいど】の具体的な内容として、地方裁判所で行われる刑事裁判の一部に参加し、被告人が有罪か無罪か、有罪の場合どのような刑、量刑にするのかを裁判官と一緒に決めていく手続き、制度の事を指します。国民の中から、個別の事件について最終的に6人を裁判員として選任し、3人の裁判官と一緒に事件の被告人が有罪か無罪か、どの 程度の量刑かを判断してもらう制度です。

「裁判員制度」【さいばんいんせいど】では、市民が実際に「刑事裁判」に参加して、裁判官と一緒に「有罪」「無罪」を判断し、量刑を決めていきます。国民の安全を守る上でも、犯罪を行った人 に適正な刑罰を科すことは重要です。しかし誤って、無実の人に対して、「有罪」の判断をしてしまったとしたら、その人の自由や権利は不当に奪われることとなり、その家 族にまでも影響を及ぼしかねません。

裁判の判決で、少しの時間では理解しがたい判決が出ると、「裁判官には常識がない」とか、「司法の常識は世間の非常識」と言われる事があります。
これについても、判決という裁判の結果だけを指した上での批判である事も多く、批判をしている国民自身が、判決が出るまでの裁判の過程を裁判官といった立場で責任を持って接していく事で意識に変化をもたらすかもしれません。
「裁判員制度」【さいばんいんせいど】の導入により、無罪の人が不当に権利や自由を奪われることを防止する意味でも、様々な経験、知識を持った市民が「裁判」に参加し、その良識に照らして「 疑問の余地はない」と判断した上で、「有罪」とする。
「私」や「あなた」の感覚が「裁判」に反映されることで、国民ひとりひとりが司法への信頼や理解を深め、分かり安い裁判を実現していくためにも提案された制度が「裁判員制度」【さいばんいんせいど】です。

スポンサードリンク